目のクマの種類とは|肝斑と目のクマやたるみにお悩みの人は必見!治療をして解消しよう

発生している目のクマには種類があった!?

実は目のクマには色々な種類があるということはご存知でしたか。そこで、発生してしまうクマの種類を見てみましょう。種類を把握して、自分の目のクマを知ることが大事ですよ。そして、治療に活かしていきましょう。

目のクマの種類とは

目元

茶色いクマ

茶色いクマは、その名の通りに茶色や若干黄色く見えてしまうクマになります。基本的にこの茶クマは皮膚が色素沈着を起こして発生すると言われています。また、他にもビタミンが不足していると発生傾向が高くなります。特に喫煙している場合は要注意ですよ。

青いクマ

目の下が青黒くなってしまい、疲れているような印象を持たせてしまうのが青クマになります。主に生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの影響でこの青クマが発生してしまうでしょう。目周辺で血行不良が発生して、血管が透けて見えることで青クマが現れてしまいます。

黒いクマ

最後が黒クマです。目のクマの中でもこの種類が一番厄介となっており、たるみやシワが関係して発生してしまいます。たるみやシワが原因で影となり、目の下に黒いクマが見えてしまうのです。現れる原因が他のクマとは少し異なるのが特徴ですよ。

すぐにクマを治したい方は

目のクマは、他のトラブルとは異なって化粧で隠しやすいですが、やはり根本的に解消していきたいですよね。クマを無くすために、必要なビタミンを摂取したり正しい生活習慣を過ごしたりすることが大事ですが、これでは相当な時間がかかってしまいます。そこで、おすすめしたいのが美容外科クリニックによる治療です。自分に発生している目のクマをしっかりと診断して、適切な方法で治療を行なってくれますよ。すぐにでもクマを解消したい場合は、まずカウンセリングに行くと良いでしょう。